【ヘルシー キュイジーヌ】


“食生活が悪い時は薬も意味がない。食生活が正しい時は薬は必要ない。”  古代アーユルベェーダーのことわざ“  

アーユルヴェーダや古代中国医術のような昔のアジアのヒーリング・フィロソフィーの中に、食べ物を薬のひとつとする見方がいつも存在しています。カマラヤではこの哲学と現代の医学的研究を組み合わせて、食べ物で治癒するためにより知識を盛り込んだ正しい方法をとっています。 東西の料理の伝統を融合し、新鮮な熱帯産で、できる限りオーガニックな食材を使った幅広いベジタリアン・フードの他、フレッシュ・ジュースやトニック、ハーブ・ティーにも栄養や薬用効果がつまっていて、味覚を刺激してくれます。デトックス料理も刺激が少なく、アレルギー性が低く、胃腸に優しいベジタリアン・フードというだけで、とても美味しいものです。

 

・質の高い、新鮮な材料で、できる限りオーガニックな食材を重視

・添加物、保存料、人工調味料、着色料などを使わず、できるだけ自然のままの状態で食べ物を出す

・味付けや健康のため、又薬用成分を活かすため、新鮮なハーブやスパイスをふんだんに使う

・風味をよくし、健康を増進させ、栄養価を維持できる調理法を用いる。例えば、焼く、蒸す、グリルで焼く、炒めるなど。電子

 レンジは使わず、あげたり調理しすぎないようにする

・糖分、塩分を控える

・脂質を控える。エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルやヴァージン・ココナツ・オイルのほか、米やゴマ、ひまわりなど

 のナッツまたはシードのオイルのようなヘルシーで冷圧搾されたオイルのみを適度に使用。健康によくないトランス脂質や飽和

 脂質は避ける

・デトックス料理は、低アレルギー、低刺激、低糖質のベジタリアン・フードだけで用意する

・ヒーリング効果を高める青汁やハーブ・ティー、トニックなど多種多様なフレッシュ・ジュース

・アジアの主だった宗教的文化を尊重して、豚肉、牛肉は使用しない。高脂質の肉を避ける

・乳製品は控える。代わりにヘルシーなヤギ乳のヨーグルトやチーズを使う

・アルファルファのような発芽食品は避ける。ローフード用に発芽させた穀物や種子も使うが、新鮮なものを使う。

・カロリー表示はしない。代わりに、ヘルシーな食事の原則をウェルネス・アプローチとしてわかりやすく提唱する

 




レシピ ーー ベジタブル ブロス

自宅でデトックスを始めるなら、毎日一杯、できれば三杯、この風味豊かな栄養たっぷりのスープを飲んで、身体をアルカリ化しましょう。このスープは消化系にとても優しく、ビタミンやミネラルが豊富です。この飲料は調子の悪い腸の働きを助け、よくするのに最適です

 

ダウンロード
デトックス ジュース
作り方
1-kamalaya juice.pub
pub ファイル 627.0 KB

ダウンロード
スープ
作り方
3-kamalaya soup.pub
pub ファイル 368.5 KB
ダウンロード
デザート
作り方
5-kamalaya desert.pub
pub ファイル 765.5 KB
ダウンロード
アピタイザー
作り方
2-kamalaya apetizer.pub
pub ファイル 355.5 KB
ダウンロード
メイン
作り方
4-kamalaya main.pub
pub ファイル 831.5 KB